BIOGRAPHY

小蔦寛二 ピアニスト
KOZUTA, KANJI
 

 

広島県出身。東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻および同大学院修士課程音楽研究科を修了。大学院ではティーチングアシスタントも務める。大学院在学中よりドイツに渡り、5年間の研鑽を積む。ドイツ国立ハノーファー音楽演劇大学、ベルリン芸術大学大学院を修了。また、カッセル市立音楽院にて室内楽科を修了。

ピアノを牛ノ浜由紀、小嶋素子、西川秀人、渡辺健二、原田英代、アイナル・ステーン=ノクレベルグ、クリスティアン・ペーターゼン、マルクス・グローの各氏に師事。また、アリエ・ヴァルディ、ヴィクトル・メルジャーノフ、アンリ・バルダ各氏などのマスタークラスを受講。

2011 年 9月、第18 回ブラームス国際コンクール(オーストリア)ピアノ部門にて第2 位入賞。本選で演奏したブラームスのピアノ協奏曲第1番は最高点を獲得し、同月オーストリア放送協会(ORF)にてラジオ放送される。

2012年、パルマ・デ・マヨルカ国際ピアノコンクール(スペイン)第2位。

2013 年 、バルチック国際ピアノコンクール(ポーランド)第1 位。

2014年、妻の小蔦花結とのピアノデュオにてローマ国際コンクール(イタリア)ピアノデュオ部門第3位。

2015年、モノポリ国際ピアノコンクール(イタリア)第5位。

日本とドイツをはじめ、オーストリア、ポーランド、スペイン、韓国でもリサイタルなど演奏を行なう。ソリストとして、広島交響楽団、ケルントナー交響楽団(オーストリア)、モニューシュコ音楽アカデミー交響楽団(ポーランド)等とピアノ協奏曲を共演。

2012 年、ベルリン郊外のベーバーゼー音楽祭にてベートーヴェンのピアノソナタ全曲演奏会シリーズに招かれ、《悲愴》など3 曲のピアノソナタを演奏。また、ゴスラー・ハルツ音楽祭への出演ではシューマンの《クライスレリアーナ》によって地元紙より称賛を受ける。2014 年には再びベーバーゼー音楽祭に招待され、ブラームスのピアノソナタ第3 番を演奏。2014 年と2015 年、ベルリンの在ドイツ日本大使館および大使公邸へ招かれ計3度の演奏会を行なう。

2015年秋に帰国後、ヨーロッパと日本各地でのソロリサイタル、チェリスト川岡光一と結成したDuo Kretaなど弦楽器との共演、室内楽、声楽伴奏、オーケストラの客演ピアノ等を行なう。また、妻とのピアノデュオではモーツァルトの2台ピアノ協奏曲の協演、デュオリサイタル等、幅広く演奏活動を行なっている。

2016年よりエリザベト音楽大学ピアノ科講師を務めるほか、各地でマスタークラス、コンクール審査など後進の指導にもあたっている。

(株)クライスミュージックエンターテインメント所属アーティスト。

© 2016 kanjikozuta.com.